スマイルゼミ プログラミング講座 感想・解説

こんばんわ、ちゃーすけです。

昨日より、ついにスマイルゼミでもプログラミング講座が
配信開始されましたよ(*´∀`*)

プログラミングとは?


・コンピュータを動かすための「命令」を順番にまとめたもの
をプログラムと言います。

・プログラムを作ることを
「プログラミング」と言います。

今後、小学校でもプログラミングが必修科目となるようですので、
いち早くから慣れておくことが出来ます。

スマイルゼミのプログラミング講座は?


というわけで解説です。

今後どうなっていくのかはわかりませんが、
まずは算数を使って行っていくようです。

かわいい子供のキャラクターを、
いくつかの命令を組み合わせて動かし
目的を達成する

パズルゲームみたいなものですね。



ゲーム感覚で、プログラミングを学習、体験できるというわけですね。



まずは、やりかた(操作、考え方)を覚えるミッションがあり
その後に、「問題に挑戦」していきます。

「14Lの水槽にあふれるまで水を入れよう」
だそうです。

まずは
めいれいパネルを開いて
上の問題を解くためのプログラムを考えていきます。

水の入れ物は、500ml入るペットボトル、
8dl入るバケツ、5L入るバケツ
の3つが用意されています。

最初の問題は、
14Lちょうど入れる
というわけではなく、あふれるまで入れればいいだけなので
例えば5Lのバケツを持って水を入れる
ということを3回繰り返せばクリア
というわけです。



最初はどういうこと?
って思うかもしれませんが
何度か繰り返しているうちに覚えられると思います。

ではでは。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。